建築学校夜間の部

建築学校の授業内容を詳しく知りましょう



建築設計の授業は手書きも多いですから大変

見出し文 建築設計における授業と言うのは当然ですが様々なことを書くわけです。
それはコンピュータを使う事が増えているのは間違いない部分ではありますが、手書きも多いのです。
そのため、手書きにも慣れておく必要性がありますから、建築設計の道に進もうとしている人はそこもよく覚悟しておいたほうがよいでしょう。
手ではなくコンピュータと言うことになりますとやはりCADです。
設計用のコンピュータソフトなのですがこれが使えないと現代ではほぼ話にならない、と言う状況になっています。
ですから、これはしっかりと学ぶ価値があります。
しかし、手で書くことを練習するにも相当に大事になりますから、それは何度も練習して身につけるべきです。
設計とは何度も書いて、考えて、そしてやり直すと言う工程を本当に何回も繰り返す事になりますので覚悟しておくべきでしょう。
それでも資格として、スキルとして身につけられれば最高でもあります。
それができれば仕事に困ることはないのです。

建築設計の授業で取り入れられているCAD

建築設計の授業で取り入れられているCAD 住宅を建築するには専門知識が必要になるため、専門学校には建築設計を学ぶことのできる環境があります。
建築設計では実際の家を見るだけでなく、実際に図面で家の平面図をテーマに沿って書いていくという授業を行うのです。
これを基本に、現在ではパソコンを使ったCADも取り入れられています。
CADはパソコンに専用のソフトを取り込んで、その中で立体的に造形物を組みたてていくというものです。
この授業の目的は従来の平面図だけで建築する場合、当人の頭の中だけで構築したものなので実際に立ててみると誤差が生まれます。
誤差の修正は実際の建築による経験値によって改善されていきますがそれには長い期間が必要になります。
それでは専門学校の意味合いである即戦力を職場に送るということができなくなるので、そこでパソコンで平面図から実際に建てる家の状態を見ることによって習得の効率を飛躍的に高めることができます。
さらに専用パソコンを使えるようになれば、現在の工業製品の多くにはこのソフトが使われているので多岐にわたる分野でも活躍が可能です。

新着情報

◎2018/11/6

建築設計に関する授業で上達する
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

建築設計の授業で知識を得る
の情報を更新しました。

◎2018/6/15

サイト公開しました

「建築 手書き」
に関連するツイート
Twitter